hanatsumugi

0

キウイシロップの仕込みとドライフラワーがたくさんの部屋


完熟のキウイをもらったので
キウイシロップを仕込みました。

息子はジュース
私はソーダ割り
旦那さんは、キウイ酒

みんなで楽しめる自家製果実シロップは我が家の定番です。
楽しみだな♪

部屋がドライフラワー祭り。
今週はキッズのワークショップ 「小さなおててのtumugu.」を開催するので
子どもたちに可愛いブーケを作ってもらおうと思います。
楽しみ(^^)



●ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

にほんブログ村
0

憧れのホットケーキ 


週末のあさごはんはゆっくりホットケーキを焼きました。
というか・・・
ドライイーストを買い忘れて、パンが焼けなかったのですが(笑)

息子が、ホットケーキを重ねて、四角いバターを乗せて、とろ~っとして欲しい♪というので
憧れの?重ねてあるホットケーキを作りました。
去年幼稚園の劇でちびくろサンボ役をやったこともあり
ちびくろサンボみたいと喜んでいました(^^)

お昼からはお庭仕事です。



●ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

にほんブログ村
0

hanatsumugiの物語 (私の思いの、ただの記録)


小さな頃
シロツメクサがたくさん咲いた
草原が大好きだった

可愛い小さなお花を
ひとつひとつ摘んで作った
シロツメクサの冠

白とグリーンがとても可愛くて
お花の冠を被ると
小さなお姫さまになったような
そんな気がして
ふんわりと、あたたかい気持ちになった

そんなことを思い出しながら
身近なお花を摘んで
そっと
小さな花瓶に活けてみた

いつもと同じ風景が
ふんわりと、あたたかい景色に変わった

花のある暮らし
それは、もっと身近なもの

大切に花を育て
ひとつひとつ摘んで
やさしい風にあてて、ドライフラワーにする

それをひとつひとつ紡いでいく

大人になっても
あの頃のふんわりとあたたかい気持ちを
思い出して欲しい

そして、もっとシンプルに
私は花を摘んで紡ぐのが好き

そんな思いを込めて
今日も、花を摘んで、紡ぎます。



●ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

にほんブログ村
0

シロツメクサの冠


息子とお散歩に出かけたときに
シロツメクサが咲いていました。


息子はシロツメクサの冠が大好きで
毎年、春になると作ってといいます。
今日も、「冠作って~♪」と。


息子が摘んでくれたお花をひとつひとつ編みながら


私も子どものころ大好きだったシロツメクサの冠
お花を摘んで、ひとつひとつ編んで
とてもわくわくしたのを覚えています。
その時の気持ちは、そのまま今のリース作りに繋がっているなぁと
シロツメクサの冠を編む度に思います。


お花を摘んで、ひとつひとつ紡いでいく
幼いころのわくわくした気持ちは今も変わりません。


帰ってから、お部屋に飾るのかな?と思ったら
頭に乗せて(←冠だからね、そうそう♪)
「出発しまーす!お乗り下さ~い♪」と
まさかの煙突になっていました。


やっぱり男の子だなぁ、と感じた瞬間でした(^^)



●ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

にほんブログ村